読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「稼ぐ」をさらし、恥をかいてみる

「稼ぐ」ことを公言するなんて、それだけで恥ずかしい…からの脱却!

300円を払う勇気

今日は、ホントしょーもないっす。まじで。

 

私は車を運転しないので、自転車が大事なアシなの。この自転車さんは、働き者で12歳の長男が一歳になる手前から乗り続けている。3人の子どもをいろんなパターンで乗せて保育園や職場まで、たくさん私を運んでくれた。

 

でさ。家から最寄りの駅まで自転車で行くと、二ヶ所の駐輪場があるのね。そもそも駅の駐輪場ではなくどちらもスーパーのお客様用。どちらも無料だったから、買い物客ではなくとも利用する人もいて、いつもどちらも自転車はいっぱいだった。自転車って、パンパンなところに突っ込むと、もう最悪なこじれ方するじゃん。あれがいやで、いやで。

 

あー、もう、有料でいいから、私の大事な自転車を預かってほしい…

 

と思ってたら、一ヶ所の駐輪場が買い物客問わず、有料(2時間以上300円)になったの。おー!やった〜!って喜んだのもつかの間、『え、もう一ヶ所は無料でしょ。そっちに停めてそっちのスーパーで買い物すればいいじゃん。』っていう気持ちになったんだよ。で、もう一ヶ所の方を見ると案の定、一層溢れかえる駐輪場。

 

ふ〜。あれ?私、前、なんて思ってた?

 

りぴーと  あふたみー

有料でいいから、私の大事な自転車を預かってほしい…

有料でいいから…有料で…

 

というわけで、有料駐輪場ができてから、いつも無料駐輪場にしようかどうか迷って、いや、ここは

 

あえての有料!!!

 

こっちを選び続けます。

 

あー!しょうもないって、思ったでしょ。思ったでしょ。思ったでしょ。

いや、私が一番、思ってるからな!!!

 

でも、自分をすぐ格好良く見せたがる私の『しょうもない』、をさらす。

🔻自転車、(300円で)マモルくん…という名前では決してない。

f:id:shino-bu147:20170321235003j:plain