読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「稼ぐ」をさらし、恥をかいてみる

「稼ぐ」ことを公言するなんて、それだけで恥ずかしい…からの脱却!

“お金がない”恐怖は、“死”への恐怖

「稼ぐ」と宣言してから、お金と向き合っている。

 

お金がないと困る?

お金がなくなる、が恐い?

なぜ?

お金がなくなる→ご飯が食べられなくなる→死ぬ

お金がなくなる→好きな物が買えなくなる→生きる喜びがなくなる→死ぬ

お金がなくなる→恥ずかしい→人に会いたくない→孤独→死ぬ

 

お金がなくなることの恐怖は、「死」への恐怖。

もしかしたら、私の向き合うべき相手は「死」なのか…。

 

「死」の恐怖…

 

なくなる?

いや、むりだ。

 

悟りを開くか…

そーしよ。

 

いや、違う。

 

10代の頃、「メメントモリ〜死を想う〜」という写真&詩集を読んだ。ガンジス川のほとりで遺体が焼かれている。匂いまで伝わってきそうな衝撃の写真だった。“死を想う”ってどういうことだろう。ときどき、思いかえす。

 

3人目の出産の時に感じたあの、バチっとした感じ、忘れない。

うまれる=しぬ

しぬ=うまれる

対極にあるようなコトが実はイコールだった、と感じた。

 

だから、そう。

「生」「死」はセットなんだ。

ってことは、「死」の恐怖から逃れるのではなく、「死」の恐怖を抱えて生きて行く、それぐらいでいいんじゃないか。

 

そうじゃないと「生」の実感が持てない。あー、「死」の恐怖はあっていい。いや、あるコトでむしろ、“命”が輝く。

 

そう。

 

この世もあの世、あの世もこの世…。天国も地獄も、平安も混乱も、希望も絶望も全て、ここにある。

f:id:shino-bu147:20170322114239j:plain