読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「稼ぐ」をさらし、恥をかいてみる

「稼ぐ」ことを公言するなんて、それだけで恥ずかしい…からの脱却!

3000円の呪縛

4月中、私の開催するイベントは全て、

 

参加費3000円…

 

これにはワケがあって。私が子どもの頃、誕生日、クリスマスのプレゼントは3000円までのものと決まっていた。小学生の私はウキウキでぬいぐるみを選んでいたりした。中学生で物足りなく感じるようになってもなお、このルールは適応され続けていた。同級生の友人に「うちのプレゼントは1万円か、ほしいもの。」って言われて「え!そんなん1万円もらった方がいいじゃん!」って言ったら「1万円以上するもの(例えばウォークマンとか)がよかったら、そっちを選ぶんだよ。」って言われてカルチャーショックだったのを覚えている。

 

どこかで私は3000円に縛られて、大人になった今でも、手土産の基準は3000円だったりする。自分の講座に値段をつけるのも、3000円が一番心地よい。

 

ビンボーくさいな…

 

って感じてる私。いや、そうかな?

 

3000円。

 

悪くない、うん。むしろ、いい。

 

3000円。

 

今はその金額に抵抗なく愛情を感じる。気兼ねなく受け取れて、気兼ねなく受け流せる。それでいい。

 

3000円。

 

もう少し、満足するまで、そばに置いておきたいと思うんだ。

3000円。

 

財布の中から3000円出して、撮りたかった…のに。

f:id:shino-bu147:20170322003201j:plain